やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2020/11/03
領収書を再発行した場合の印紙税の取扱い

[相談]

 私は個人でレンタルオフィスを経営しています。
 そのレンタルオフィスに入居しているテナントから、「過去1年分の家賃の領収書を再発行してほしい」という依頼があり、これに応じることにしたのですが、再発行する領収書についても、印紙を貼る必要があるのでしょうか。
 なお、そのテナントの1ヶ月あたりの家賃は、10万円(消費税込み)で、過去に発行した領収書には所定の印紙をきちんと貼ってテナントに渡してあります。


[回答]

 ご相談の場合、再発行する家賃の領収書にも、印紙を貼っていただく必要があります。


[解説]

1.印紙税の課税対象となる領収書

 印紙税法では、「課税物件」として定められた文書に対して印紙税を課税することが定められています。

 「売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書(いわゆる領収書)」もその課税物件の1つとされており、領収書に記載金額がある場合には、その記載金額に応じて1通につき200円から20万円、記載金額がない領収書については1通につき200円の印紙税が課税されるため、該当する領収書については、定められた金額の印紙を貼らなければいけないこととなります。

2.領収書を再発行した場合の印紙税の取扱い

 印紙税法上、印紙税が課税されない(非課税)領収書とは、「非課税物件」として定められた領収書のみであると定められています。

 具体的には、記載された受取金額が5万円未満の領収書などが該当します(※)。

※なお、売上代金以外の領収書についても、記載金額が5万円以上のものについては、原則として印紙税が課税されます。ただし、この場合の印紙税額は売上代金に関する領収書とは異なり、記載金額5万円以上のものについて、一律200円と定められています。

 今回のご相談の場合、ご相談者が過去に発行された領収書には印紙がきちんと貼り付けられていることから、再発行する領収書には印紙を貼る必要はないと考えたいところですが、上記の通り、印紙税は、その領収書が課税文書である限り(=非課税物件に該当しない限り)、同じ取引について領収書を数回発行した場合には、発行した枚数だけ印紙税が課税されることになります。

 したがって、再発行する家賃の領収書にも、印紙を貼っていただく必要があることとなりますのでご注意ください。


[参考]
印法2、5、別表第一、印基通2、34、国税庁印紙税相談事例など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。





                            




 

お問合せ

                                                          

ACCESS

〒491-0831
愛知県一宮市森本2-26-5




【受付時間】
 月〜金 8:30〜17:30

【定休日】 土日・祝日
※ご都合が合わない場合はご相談ください

【TEL】 0586-24-5775
【FAX】 0586-24-5877



   ― サポート地域―
愛知県
一宮市、名古屋市、稲沢市、小牧市、江南市、岩倉市、春日井市、北名古屋市、津島市、愛西市、丹羽郡、西春日井郡、あま市

岐阜県
岐阜市、羽島市、大垣市、瑞穂市、本巣市、各務原市


    ― 対応業種―   
建設業(工事業)、製造業、運送業、飲食業、IT業、卸売業、小売業(ネット、通販、自動車販売、リサイクル)、不動産業、医療業(病院、クリニック、接骨院)、社会福祉、介護事業、専門サービス(動物病院、設計事務所、コンサルティング)、各種サービス業(理容室、クリーニング、清掃、人材派遣)、教育・学習支援業、保険業、協同組合、NPO法人、他多業種