やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2020/12/01
海外渡航前のPCR検査費用と医療費控除

[相談]

 私は貿易商社を経営しております。
 このたび、仕事でカンボジアへ渡航することとなったのですが、同国へ入国するためには、日本出発の72時間前以内に発行された新型コロナウイルスに感染していないことを証明する健康診断書(陰性証明書)を準備し、提出する必要があります。
 現在、私には発熱等の症状は一切ないのですが、上記の理由から民間医療機関で自費のPCR検査を受け、陰性であればその医療機関で陰性証明書を発行してもらう予定です。
 そこでお聞きしたいのですが、そのPCR検査費用と陰性証明書発行手数料(あわせて2万円くらい)は、所得税法上の医療費控除の対象となるのでしょうか。


[回答]

 ご相談の各種費用については、残念ながら、所得税法上の医療費控除の対象とはなりません。


[解説]

1.所得税法上の医療費控除制度の概要

 所得税法上の医療費控除とは、納税者が、自分や自分と生計を一にする親族などの医療費を支払った場合において、その年に支払った医療費が一定額を超えるときは、その超える部分の金額のうち一定額を、その納税者のその年分の所得から控除するという制度です。

2.医療費控除の対象となる医療費とは

 上記1.の医療費控除の対象となる医療費とは、医師等による診療や治療を受けるために直接必要な費用をいうものとされ、具体的には、医師又は歯科医師による診療又は治療の対価、治療又は療養に必要な医薬品の購入対価、病院や診療所等へ収容されるための人的役務の提供の対価などが該当するものと定められています。

3.自分の判断で受けたPCR検査費用等の取扱い

 上記2.で述べたとおり、医療費控除の対象となる医療費とは、診療や治療を受けるために直接必要な費用をいうものとされているため、今回のご相談のPCR検査費用や陰性証明書発行手数料のように、自分の判断により、新型コロナウイルス感染症に感染していないことを明らかにする目的で受けるPCR検査に関する諸費用は、いずれも医療費控除の対象にはなりません(なお、このことと同様に、人間ドックや健康診断費用なども、医療費控除の対象にはならないこととされています)。

※ただし、PCR検査により「陽性」と判定され、その検査に引き続いて新型コロナウイルス感染症の治療をした場合には、新型コロナウイルス感染症の治療費用とあわせ、そのPCR検査費用も医療費控除の対象となる医療費に該当するものとされています。


[参考]
所法73、所令207、所基通73-3、国税庁「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ(令和2年10月23日更新)」、在カンボジア日本国大使館ホームページなど


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。





                            




 

お問合せ

                                                          

ACCESS

〒491-0831
愛知県一宮市森本2-26-5




【受付時間】
 月〜金 8:30〜17:30

【定休日】 土日・祝日
※ご都合が合わない場合はご相談ください

【TEL】 0586-24-5775
【FAX】 0586-24-5877



   ― サポート地域―
愛知県
一宮市、名古屋市、稲沢市、小牧市、江南市、岩倉市、春日井市、北名古屋市、津島市、愛西市、丹羽郡、西春日井郡、あま市

岐阜県
岐阜市、羽島市、大垣市、瑞穂市、本巣市、各務原市


    ― 対応業種―   
建設業(工事業)、製造業、運送業、飲食業、IT業、卸売業、小売業(ネット、通販、自動車販売、リサイクル)、不動産業、医療業(病院、クリニック、接骨院)、社会福祉、介護事業、専門サービス(動物病院、設計事務所、コンサルティング)、各種サービス業(理容室、クリーニング、清掃、人材派遣)、教育・学習支援業、保険業、協同組合、NPO法人、他多業種