やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2021/12/28
宝くじの当せん金と税金

[相談]

 私はこのたび、年末ジャンボ宝くじを思い切って100枚購入しました。もし1等7億円が当せんしたら、と考えていると今から楽しみで仕方ありません。
 そこでふと気になったのですが、

  1. 宝くじの当せん金に、所得税は課税されるのでしょうか。
  2. 宝くじの当せん金を友人知人に贈与した場合、贈与税は課税されるのでしょうか。
以上2点について、ぜひ教えてください。


[回答]

 宝くじの当せん金については、所得税は非課税と定められています。
 また、当せん金として取得した金銭を他人に贈与した場合には、その金額に応じて、贈与税が課税される可能性があります。


[解説]

1.所得税法上の非課税所得の例

 所得税法上、社会政策その他の見地から所得税が課税されない所得(非課税所得)として定められているものには、次のようなものがあります。

  • 当座預金の利子
  • 遺族の受ける恩給及び年金(死亡した者の勤務に基づいて支給されるものに限る。)
  • 給与所得者に支給される通勤手当のうち、一定のもの
  • 外国政府や国際機関に勤務する人が受ける給料、賞与等で一定のもの
  • 皇室経済法の規定により受ける給付
  • ノーベル基金からノーベル賞として交付される金品

2.宝くじの当せん金についての所得税の取扱い

 宝くじの当せん金については、上記1.でご確認いただいた通り、所得税法には非課税とする旨の規定はありませんが、「当せん金付証票法」という別の法律において「当せん金付証票の当せん金品については、所得税を課さない。」と定められていますので、所得税は非課税となります。

3.当せん金を友人知人に贈与した場合の取扱い

 税務上、個人から贈与により金銭等の財産を取得した人に対しては、原則として、その受け取った金銭等に対して、贈与税が課税されることと定められています。

 ただし、1年間に受け取った金銭等が110万円以下であれば、贈与税はかからないことと定められています(※)。

 このため、年末ジャンボ宝くじの当せん金として取得した金銭を友人知人に贈与した場合には、その金額に応じて、贈与された人に贈与税が課税される可能性があることとなります。

(※)平成13年1月1日以後に行われた贈与に対する贈与税については、課税価格から110万円(贈与税の基礎控除額)を控除すると定められているためです。

[参考]
所法9、相法1の4、2の2、21の5、租法70の2の4、当せん金付証票法5、13など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。





                            




 

お問合せ

                                                          

ACCESS

〒491-0831
愛知県一宮市森本2-26-5




【受付時間】
 月〜金 8:30〜17:30

【定休日】 土日・祝日
※ご都合が合わない場合はご相談ください

【TEL】 0586-24-5775
【FAX】 0586-24-5877



   ― サポート地域―
愛知県
一宮市、名古屋市、稲沢市、小牧市、江南市、岩倉市、春日井市、北名古屋市、津島市、愛西市、丹羽郡、西春日井郡、あま市

岐阜県
岐阜市、羽島市、大垣市、瑞穂市、本巣市、各務原市


    ― 対応業種―   
建設業(工事業)、製造業、運送業、飲食業、IT業、卸売業、小売業(ネット、通販、自動車販売、リサイクル)、不動産業、医療業(病院、クリニック、接骨院)、社会福祉、介護事業、専門サービス(動物病院、設計事務所、コンサルティング)、各種サービス業(理容室、クリーニング、清掃、人材派遣)、教育・学習支援業、保険業、協同組合、NPO法人、他多業種